平成29年度新入職員が農業体験

2017/10/25


丁寧に種をまきました。


やさしく子牛に接しました。


きれいに包装できました。

 JA西いわみ地区本部に入組した平成29年度新規採用の職員3名が、研修課程のカリキュラムの一つである現場での農業実習を受講しました。この実習は、農業に対する理解と、農家をより身近に感じてもらおうと行なうもので、新入職員向けに毎年行っています。3名は、4月24日から28日まで益田市、津和野町、吉賀町の農家で指導を受け、それぞれ、畜産や野菜栽培、野菜出荷を体験しました。JAでは、4月から6月までの2か月間、県内JAグループ新入職員が協同組合・JAの理念や原則、信用・共済や営農・経済事業の基礎や社会人としてのマナーを学びます。